FC2ブログ

FM、FIFA、PES、FF14など

FC2カウンター
プロフィール

ジャッキー

Author:ジャッキー
FC2ブログへようこそ!

FFXIV PROF
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FM2011オンライン日記 エスパニョール対ヴィジャレアル Part.9
Category: FMオンライン日記  

夏の移籍市場


ということで3年目に突入したFMオンライン日記。

Aから、冬の移籍市場の時の進め方が早く選手が獲れなかったという不満がでた。
それもそうだ。冬の移籍市場では、自分自身が夏の移籍市場でお金を使い果たしてしまったので、Aのことを考えず進行。

ということで、今回から夏と冬の移籍市場期間はなるべくゆっくり進めるようにした。

まずは気になる移籍予算。

エスパニョールは前期に約46億円の資金を使い切るなど、財政面で節約してこなかったため22億円の赤字を出した。

それが影響したのか、

image80_20110807065624.jpg

移籍予算は前期の56億円から約24億円に激減した。

この結果は面白くないので、今季は節約して来季に移籍予算を多めに組んでもらえるように頑張りたい。

ちなみに、昨シーズン26億円の移籍予算をほとんど使わずに終わったヴィジャレアルは、今季56億円の予算を貰えたらしい。

エスパニョールの最終順位ボーナスは640M、放映権料は4.788Bだった。


放出選手


まずは、選手獲得前に選手放出を。

image74_20110807070635.jpg

ホセ・マリア・カジェホン:現実ではエスパニョールでの活躍が認められてレアルに移籍決定も、FM内では2年間で43試合2得点と結果を残せなかったので、契約更新せず自由契約に。リバプールが獲得


image75_20110807071009.jpg

ラファエル・ディアス:こちらよりも将来性のある若手を獲得したということもあり、買値の650Mでアタランタへ売却


image76_20110807071613.jpg

セルジオ・ガルシア:昨シーズンはデポルティボにレンタルに出し15試合1得点。今季はHSVにレンタル。今年で契約満了


image81_20110807071826.jpg

Ouasim Bouy:昨シーズン始めにアヤックスから230で獲得もレバークーゼンへ140Mで売却


そして、まさかの放出となった選手がいる

image82.jpg

まさかの正ゴールキーパーであるカルロス・カメニだ。

実は、来年の6月30日で契約が切れるということで契約延長のオファーを出したところ、最低移籍金の設定である約10億という設定をのんでしまったのである。

その直後にセビージャからオファーが来て、エスパニョールも慌てて再オファーを出すが、契約更新したばかりで興味がないと拒否されてしまい、セビージャ移籍が決まってしまった。

この移籍が8/25だったこともあり、結局GKの補強もせずに新シーズン開幕を迎えることとなった。


獲得選手


image83.jpg

今季は、ロケ・サンタ・クルス、ファン・ニステルローイ、パトリック・ヴィエイラなどの往年の選手を獲得してみた

今季は節約を試みているが、こんな高年齢の選手ばかり獲得して良いのだろうか(^^;

とりあえず1人ずつ紹介していこうと思う

image84.jpg

マテオ・コバチッチ:ディナモ(クロアチア)から300Mで獲得。安いし将来性もある。同ポジションにはアイマールやベルドゥがいるが、積極的に使っていきたい


image85.jpg

ロケ・サンタ・クルス:得点力UPのためにマンCからレンタルで獲得。年俸はちょっと高いが試合を決める一発に期待したい


image86.jpg

ファン・ニステルローイ:HSVから70Mで獲得。スタミナの衰えはあるが、高い攻撃力を誇るだけに得点力に期待


image87.jpg

パトリック・ヴィエイラ:SC Bastia(フランス)から30Mで獲得。ベテランの力を生かし、チーム内に良い影響を与えて欲しい。スタメンは厳しいかもしれないが途中出場で


image88.jpg

ヘドヴィヘス・マドゥロ:バレンシアFCでスタメンを務めていたが、運良く自由契約で獲得!本職はボランチだが、手薄なDCもこなせるので重宝するだろう


image89.jpg

Horacio Maldonado:サン・ロレンソ(アルゼンチン)から500Mでエスパニョール初となる架空選手を獲得!手薄なディフェンス陣だけに開幕スタメンも!?


image90.jpg

デドリク・ボヤタ;マンチェスターCから1.5Bで獲得!ちょっと高いような気もするが、これで守備が良くなるなら安いもの。今季の活躍に期待したい



それなりに補強することは出来たと思う。しかし、これで昨シーズンの順位を上回れるかと言われると難しいかもしれない。

相手もレベルアップしてくるだろうし、うちのチームは若手選手も多いので、育てながら上位に進出できるようにしたい


ヴィジャレアル


image91.jpg

56億円の移籍予算で83億円の補強をしてきたヴィジャレアル。

どうやら48ヶ月の分割で獲得しているらしい。

image92.jpg

マテジ・デラク:16歳でクロアチアリーグ最年少デビューを記録。チェルシー控えのゴールキーパーをヴィジャレアルが5.2B獲得


image93.jpg

アレックス・サンドロ:リアルでFCポルトに移籍した。左効きの左サイドバックで面白い存在。28億で獲得


image94.jpg

イブラヒム・アフェライ:昨年のアンドリュー・フォンタスに引き続きバルサから若手を300Mで獲得



正直に言って上の2人は高すぎると思う。これだけの資金を使っての補強なら来季のUCL出場権は確保したいところだ。

アフェライに限っては良い補強だと思う。昨年もバルサのアンドリュー・フォンタスを獲得しているし、ここだけは褒められる内容だ。

自分も来季からバルサの若手に注目してみたい。


image95.jpg

エスパニョールに戻るが、現状ではあまり能力は高くないが、潜在能力が高い選手が多いので何とか能力を伸ばしたいところ。

ほぼ若手といえる布陣なので、将来が凄く楽しみだ


開幕前のチャンピオンズリーグ予選とユーロカップ予選


今季は、ヴィジャレアルがチャンピオンズリーグの予選に登場、ヴィジャレアルがユーロカップの予選に登場する。

ヴィジャレル、エスパニョールともに、この予選を勝ち進めばグループリーグでの突破も意外と簡単に達成するのではないかと思われる。

言わば、ここが正念場だ。エスパニョールは問題ないと思われるがヴィジャレアルはどう転ぶか分からない。

image96.jpg

↑はヨーロッパにおける大陸大会出場枠

少し順位が変動しているので、今回のとは違うが、ヴィジャレアルが出場するBPプレイオフの方は強豪揃いとなりそうだ。

そして決まったのがこのチーム達

インテル

アーセナル

ヴィジャレアル

ホッフェンハイム

アンデルレヒト

フェネルバフチェ

パナシナイコス

ゼニト

ランス

スポルティング

なんとなく強そうな順番に書いてみたが、インテルとアーセナルに当たったら爆死は免れないだろう。

そういえば、現実でもアーセナル対ウディネーゼ戦がここで行われる事が決定したみたいだ。

そんな中、抽選結果は、

ヴィジャレアル対ホッフェンハイム

なんとか爆死は免れたが、それでもホッフェンハイムという強敵に決定。

運が良かったのか悪かったのか

自分としては、負けてユーロカップに回ってくれることを期待しているが

ホッフェンハイムなら十分有り得る




そんな中、両者同時に第1戦目が行われた。

image99.jpg

Litex(ブルガリア)と対戦。余裕の試合展開だったが決定機に恵まれず引き分けに。
0-0の引き分けということでアウェイで0-0以外の引き分けでもグループリーグ進出が決まる状況になった。

勝てはしなかったが、この内容ならアウェイでも問題ないだろう。80%は。


対するヴィジャレアルは、

image101.jpg

ホームで引き分けたまでは許せるが、内容が五角で3-3の引き分けに。

これは・・・今までの経験上、ホームで五角の試合がアウェイで五角以上に戦えるとは思えない。そして、ホームでありながらこの失点の多さ。こ、これは・・・

第2戦

多分、ほぼ突破は出来るであろうエスパニョール

image100.jpg

前半18分にルカクのゴールが決まって先制!試合内容も良かったし、早めの先制点のおかげで余裕をもって試合終了を迎えることができた

ユーロカップグループリーグ進出決定!


対するヴィジャレアルは、

image102.jpg

予想はしていたが、守備崩壊で4失点・・・ここまできて負けるのは非常に最悪だが、この負け方はリーグ戦にも響きそう。

今季のヴィジャレアル・・・弱いかも

ということで、チャンピオンズリーグ予選敗退に伴い祝・ユーロカップグループリーグ出場!

そんなこんなで、開幕戦を迎えることとなった
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。