FM、FIFA、PES、FF14など

FC2カウンター
プロフィール

ジャッキー

Author:ジャッキー
FC2ブログへようこそ!

FFXIV PROF
最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FM2011オンライン日記 エスパニョール対ヴィジャレアル Part.12
Category: FMオンライン日記  

4年目


4年目を迎えたリーガ・エスパニョーラ

昨年までは、中盤を無視した3トップや5バックを戦術を好んで使用してきたが、今季は、DF、FWともに人数を少なくして中盤を厚くする作戦にしたいと思う。中盤を厚くしたいという理由の他に、DFやFWが安定してきたという理由もある

メインは4-4-2、サブとして4-5-1や3-5-2、3-6-1など中盤を中心とする戦術を模索していきたい

今季の移籍予算は3.4Bほど。目標設定の時に休暇にしてシャワーを浴びていたせいか、帰ってきたら目標がリーグ中位に決まっていた。たぶん、大陸大会出場という目標に出来ていれば、4.4Bほどの移籍予算を組んでもらえたのではないかと思う。少し残念だ



補強した選手たち


image111_20110815234457.jpg

Jonnan Lamboley:17歳の割に高い能力を持った守備的MF。運動量、スタミナに優れているし、将来性も兼ねているので積極的に使っていきたい


image112_20110815234456.jpg

Luciano Zarza:あまり好きではないスキル系の選手だが、将来性を買って獲得!といっても既に20歳なので少し不安だが。外国人枠がいっぱいなので新たに傘下クラブになったオサスナへレンタル移籍へ


image113_20110815234456.jpg

マルクス・ヘンリクセン:中盤を厚くするのと予算を少なくするためレンタルで獲得!
image114_20110815234455.jpg

Zdenek Ziamai:サブのGKが不在のため、ACミランからレンタルで獲得!


image115_20110815234454.jpg

Marco Ezio Fossati:中盤補強のためACミランからレンタルで獲得!


image116_20110815234453.jpg

Jacques Pruvot:将来的に伸びるかどうか分からないが、将来的なことを考えてボランチを獲得


image117.jpg

アーメド・カリル:UAE期待の若手FW。エスパでは外国人枠の問題でレンタルされる可能性が高いが将来はエスパで活躍してくれることを期待したい

大物を1人補強するか、若手を補強するか迷ったが、今回も若手の補強に力を入れることにした。即戦力と言える大物はいないが、昨季よりも強くなっているはずだし、中盤を支配して是非4位以内でチャンピオンズリーグ出場権を獲得したいところだ

そして、若手選手を育成して高く売りたいという思いもある。



そんなこんなで、スタートしたリーグ戦は序盤でバルセロナとレアル・マドリードが大幅に出遅れるというハプニング

image118.jpg

結果的にはシーズンを終えた時には、レアルとバルサで1、2位を独占するも、このおかげでリーグは混戦に

image119.jpg

混戦になったおかげで上位進出も可能かと思われたが、シーズンを通して7位辺りというイマイチな飛行を続けてしまい、結局6位に

なんとかユーロカップ出場権を獲得したが、まだまだ上位の壁は厚かった

image120.jpg

我がエスパニョールは守備的なためか負けが少なく、引き分けが多い感じになってしまった

なんとか引き分けを勝ちに変えれるような戦術にしたいが、来シーズンもカウンター中心の戦術になると思う

image121.jpg

↑は今シーズンのチームデータ

センターバックのボヤタとセンターフォワードのルカクが軸となるチームが出来つつあるのではないかと思う

image122.jpg

今のところギリェルメ、ボヤタ、アッピアー、マドゥーロ、フォルリン、コバチッチ、ルカク、オスバルド当たりは来シーズンのレギュラー当確か

左サイドバック、センターバック、中盤の補強を中心に行なっていきたいと思う


5年目


昨年、割と節約したのが功を奏したのか、移籍予算を6.5Bも使えるようになった。年俸は変わらず5.1B

大物を獲ろうとしても、年俸面で拒絶されてしまう可能性が高いので今シーズンも若手中心の補強に

image123.jpg

ストライカーとして育成するべく獲得。同ポジションにはルカクとカリルがいるが、積極的に使っていきたい

image124.jpg

昨シーズンもレンタルで獲得したヘンリクセン。中盤を支配してほしい

image125.jpg

最初から狙っていたJano 5年目にしてようやく獲得することができた

image126.jpg

センターハーフが欲しかったため高額ならが獲得。レギュラーとして活躍させたい

image127.jpg

左サイドバックの選手を21億で獲得。将来はイングランド代表にも呼ばれる可能性を秘めた選手

image128.jpg

約10億円を使って獲得した架空右サイドバック。アッピアーよりも有望ということでうまく育てたいところ

image129.jpg

GKの控えが欲しかったので獲得、潜在能力はギリェルメを超えるだけに育成にも力をいれたいところだが



ということで5年目のシーズン結果は

初の4位でチャンピオンズリーグプレーオフ進出決定!

もう適当になってきています。

ヴィジャレアルのほうは、2度目の解雇をされ、引退し、解雇される前にオファーがあったローマの監督に移りました。冬の移籍市場付近で4位につけていたローマに移り見事に逆転でセリエAを優勝しました。

もうポイント制とか関係なくなってます。^^;


6年目


6年目はエスパ&ローマともにチャンピオンズリーグへ

なんとここでトッテナム、ローマ、エスパ、他1チームと同組という奇跡

ローマは1位通過を悠々と決めて、最後の1戦を残してエスパが2位という状況

最後の1戦の相手は、エスパVSローマ

ローマが1位通過を決めているということで、わざと負けてもらうことに

ローマの戦術は0バックシステムで超攻撃的

エスパのカウンターがことごとく決まり、キーパーと1対2の場面などが幾度となくあったが、ほとんどのチャンスを決められず接戦に

なんとか2点ほど決めて勝利を手にし、グループリーグを突破しました。

結果は、ローマがベスト16、エスパニョールがベスト8でした。
※ベスト8では、アウェーゴールの差で惜しくもマンCに敗退しました。

リーグ戦の方はというと、夏の移籍市場でルカクにローマから総額80億のオファーが・・・

これはお得と思い80億でルカクを放出したエスパニョールは、攻撃の核を失い得点力不足に

10節を終えた時点で14位と低迷し、めでたく解雇されました。。。


7年目


まだまだ継続中ですが、ここで日記を終了としたいと思います。

理由としては、

・ゲームの進行スピードが早すぎる
・しばらくずっと定時だったのが21時になり、この先まだまだ残業が遅くなりそうだということ
・もっと楽しめるようなプレイ日記を自分のぺーすで書きたい
・途中で解雇された
・ポイント制があいまいになってきた

まぁ色々ありますが、そんな感じです。

なお、ゲームは残業続きでペースが落ちていますが、いまだ継続中なので、結果のみ追加で書いていきたいと思っています。

※ 7年目はともにユーロカップ出場圏内でした
スポンサーサイト


FM2011オンライン日記 エスパニョール対ヴィジャレアル Part.11
Category: FMオンライン日記  
image107.jpg

優勝は2年連続レアルです。そして、スペインカップとチャンピオンズリーグも制したので2年連続3冠達成です。ちなみに、UEFAスーパーカップとスペインスーパーカップ、クラブワールドカップも優勝したので、取れるタイトルは全部取ったという感じです(^^;

そして、今季もレアル、バルサの2強対決が続き、3位には余裕でアトレティコが入りました

この3強を崩さない限りスペインでの未来はないといっても良いのではないでしょうか

まぁ、その前に来季は4位に入ってチャンピオンズリーグ出場権を取ることが目標となります

バレンシアも沈んでてくれればよかったのに、4位と躍進してきて来季のライバルに・・・
バレンシア、ビジャレアル、マラガ、エスパニョール、セビージャといった感じで4位を争うことになりそうです
バルサ、レアル、アトレティコが転けてくれればいいのですが、たぶんシーズンを終わる頃には定位置にいることでしょう



今季は4-3-3や5-2-3など中盤を無視した戦術を使いましたが、DFやFWは質も上がってきていると思うので、来季は中盤を補強して4-4-2や4-5-1の形のサッカーでやっていきたいと思います。



今季のMVP

自分が選ぶエスパニョールのMVPですが、

image109.jpg

DCのイスチェンコをあげさせてもらいます

この選手は、1年目のシーズンに40Mで獲得してきた格安のDCなのですが、うちで3年間レギュラー

しかも、今シーズンはDFながら8得点4アシスト4回のMOMに輝くなど実績も残してくれました

このような選手がエスパニョールでレギュラーで活躍するとは思っていなかったので、ほんと色々な面で助かりました


今季のワースト選手

今季全く活躍しなかった選手たちを紹介します!

image110.jpg

ルード・ファン・ニステルローイ:高い得点能力に期待して、幾度となくチームを危機から救ってくれるはずだったのですが・・・先発7試合途中出場16試合の計23試合で0得点で終わりました

途中から、あまりに決めないので、もしかしたらニステルローイではなく、スペル違いでニステルロームとか取ってきてしまったのかと思いスペルを見直しましたが、正真正銘ニステルローイでした


FM2011オンライン日記 エスパニョール対ヴィジャレアル Part.10
Category: FMオンライン日記  

スペインリーグ開幕!


今季は、マジョルカ→ヴィジャレアル→アスレティック→レアル→ラスパルマス→セビージャ→アトレティコ→バレンシア→スポルティング→アルメリア→ヘレス→ソシエダ→ラーヨ→バルセロナ→ベティス→ゲタフェ→オサスナ→デポルティボ→マラガといった順番で対戦していくことになった。

この感じだと、バレンシア戦まででどれだけ勝ち点を稼げるかによって順位が決まってきそうだ

ここまでで非常に良い順位に付けていれば良いのだが

そして開幕戦!

image97.jpg

中盤を熱くする作戦もあるが、出来れば序盤は思い切った作戦を取りたいということで3トップ戦術を使用した

これが機能してくれて、3トップが爆発してくれれば上位進出も見えてくる。もちろん内容も問われる

image98.jpg

第1節 A 対マジョルカ戦 23-8 5-2 Win! 2位

そんな中で行われた開幕戦だが、得点者の欄を見てもらいたい。なんとルカクが開幕戦で5ゴールを上げるという奇跡を起こしてくれたのだ!

2-0くらいかなと思っていたが、前半だけで4得点。後半は1得点と少なかったが、5得点を決めるというのは快挙だと思う

もしかして、得点王狙えるかも(^^

しかし、ここに立ちはだかってくるのは昨シーズン51得点を記録したバルセロナのビジャ。怪我してくれないかな


そして、今年はここでヴィジャレアルとの直接対決を迎えることとなった

UCLの予選で敗退し、絶不調極まりないヴィジャレアルをここで叩くとしよう

第2節 H ヴィジャレアル戦 18-6 2-1 Win! 3位 ルカクとベン・サハルのゴールで勝利!リーグ戦4連敗と勝てなかったがようやく勝利を掴むこととなった

第3節 A アスレティック戦 13-17 3-1 Win!1位 内容は若干押されるもアウェイで3発は大きい

第4節 H レアル・マドリード戦 14-12 0-3 Lose...4位 内容は五角もやはり決めきれない・・・

この試合でルカクが全治7~8週間の怪我を負ってしまった

第5節 A ラスパルマス戦 9-10 1-0 Win!3位 昇格組相手に内容は悪いがホセ・アンヘルのゴールで勝利を掴む!

この試合でベン・サハルが6~7週間の怪我を負ってしまった

そして、次の試合のユーロカップでファン・ニステルローイが5~6週間の怪我

・・・
・・・
・・・

いやちょっと待て・・・



ロケ・サンタ・クルスも開幕から怪我でいないんだけど・・・

image103.jpg

どうやら次の試合から1トップでいかなければならないようだ

ロケ・サンタ・クルスの方は、1,2週間で帰ってくるが、他の選手はどうにもならない

シーズン序盤で調子が良かっただけに、良からぬことにならないことを願いたいが・・・


今シーズン2連敗で始まったヴィジャレアルは、あきらかに調子が悪いようだ。しかし、アトレティコに引き分けるなど強いチームに善戦しているので、ある意味期待したい



えーと、進むのが早くてゆっくりと日記を書いている時間が取れないのでシーズン中はかなり手短にしたいと思います(^^;
まずユーロカップ!の結果から

グループリーグに進出することになったエスパニョールは、第3シードに

そして対戦相手は、リヨン、サンダーランド、カルパティ(ウクライナ)に決定!

正直言って1番厳しいグループに入ってしまった

そして、

image104.jpg

予想通りグループリーグ突破を逃しました

そこまでは普通なのですが、なんと、

image105.jpg

リヨンとサンダーランドが決勝で当たるという奇跡

準決勝で相手がユーヴェとマンCだったので、両方とも準決勝で消えるだろうと思っていたのに・・・

正直びっくりしました

※ビジャレアルはベスト32でセルティックに敗れて消えました


リーグ戦はというと、

相次ぐFWの故障によって1トップを余儀なくされたエスパニョールは、その間1勝4敗と振るわず

その後、3トップを組めるようになってから7勝2敗4分けと調子が良い時期が続くも、

image106.jpg

レアル戦から調子を崩して7戦勝ちなし

レアル、セビージャ、アトレティコは仕方ないとしても、ラスパルマス、スポルティング、アルメリアで勝ち点を稼がないと・・・

その後4連勝と持ち直すも、またまた強敵なバルセロナに完敗し、そこから大崩れ

最終節のマラガ戦に負けて、

image107.jpg

ユーロカップ出場権を逃しました(涙

image108.jpg

エスパニョールは中盤で4位をキープするなど、見せ場を作りましたが、最後に沈んでUELの出場権を逃す7位となりました

対するビジャレアルは、序盤に調子悪かったものの、中盤以降頑張り5位でフィニッシュしました

しかし、目標が高かったため途中解雇されてしまいました
※ー10Pを払い復帰しています。

※アスレティックがエスパニョールに勝ち、スペインカップで決勝まで残ったためアスレティックがUEL出場権を獲得しています


FM2011オンライン日記 エスパニョール対ヴィジャレアル Part.9
Category: FMオンライン日記  

夏の移籍市場


ということで3年目に突入したFMオンライン日記。

Aから、冬の移籍市場の時の進め方が早く選手が獲れなかったという不満がでた。
それもそうだ。冬の移籍市場では、自分自身が夏の移籍市場でお金を使い果たしてしまったので、Aのことを考えず進行。

ということで、今回から夏と冬の移籍市場期間はなるべくゆっくり進めるようにした。

まずは気になる移籍予算。

エスパニョールは前期に約46億円の資金を使い切るなど、財政面で節約してこなかったため22億円の赤字を出した。

それが影響したのか、

image80_20110807065624.jpg

移籍予算は前期の56億円から約24億円に激減した。

この結果は面白くないので、今季は節約して来季に移籍予算を多めに組んでもらえるように頑張りたい。

ちなみに、昨シーズン26億円の移籍予算をほとんど使わずに終わったヴィジャレアルは、今季56億円の予算を貰えたらしい。

エスパニョールの最終順位ボーナスは640M、放映権料は4.788Bだった。


放出選手


まずは、選手獲得前に選手放出を。

image74_20110807070635.jpg

ホセ・マリア・カジェホン:現実ではエスパニョールでの活躍が認められてレアルに移籍決定も、FM内では2年間で43試合2得点と結果を残せなかったので、契約更新せず自由契約に。リバプールが獲得


image75_20110807071009.jpg

ラファエル・ディアス:こちらよりも将来性のある若手を獲得したということもあり、買値の650Mでアタランタへ売却


image76_20110807071613.jpg

セルジオ・ガルシア:昨シーズンはデポルティボにレンタルに出し15試合1得点。今季はHSVにレンタル。今年で契約満了


image81_20110807071826.jpg

Ouasim Bouy:昨シーズン始めにアヤックスから230で獲得もレバークーゼンへ140Mで売却


そして、まさかの放出となった選手がいる

image82.jpg

まさかの正ゴールキーパーであるカルロス・カメニだ。

実は、来年の6月30日で契約が切れるということで契約延長のオファーを出したところ、最低移籍金の設定である約10億という設定をのんでしまったのである。

その直後にセビージャからオファーが来て、エスパニョールも慌てて再オファーを出すが、契約更新したばかりで興味がないと拒否されてしまい、セビージャ移籍が決まってしまった。

この移籍が8/25だったこともあり、結局GKの補強もせずに新シーズン開幕を迎えることとなった。


獲得選手


image83.jpg

今季は、ロケ・サンタ・クルス、ファン・ニステルローイ、パトリック・ヴィエイラなどの往年の選手を獲得してみた

今季は節約を試みているが、こんな高年齢の選手ばかり獲得して良いのだろうか(^^;

とりあえず1人ずつ紹介していこうと思う

image84.jpg

マテオ・コバチッチ:ディナモ(クロアチア)から300Mで獲得。安いし将来性もある。同ポジションにはアイマールやベルドゥがいるが、積極的に使っていきたい


image85.jpg

ロケ・サンタ・クルス:得点力UPのためにマンCからレンタルで獲得。年俸はちょっと高いが試合を決める一発に期待したい


image86.jpg

ファン・ニステルローイ:HSVから70Mで獲得。スタミナの衰えはあるが、高い攻撃力を誇るだけに得点力に期待


image87.jpg

パトリック・ヴィエイラ:SC Bastia(フランス)から30Mで獲得。ベテランの力を生かし、チーム内に良い影響を与えて欲しい。スタメンは厳しいかもしれないが途中出場で


image88.jpg

ヘドヴィヘス・マドゥロ:バレンシアFCでスタメンを務めていたが、運良く自由契約で獲得!本職はボランチだが、手薄なDCもこなせるので重宝するだろう


image89.jpg

Horacio Maldonado:サン・ロレンソ(アルゼンチン)から500Mでエスパニョール初となる架空選手を獲得!手薄なディフェンス陣だけに開幕スタメンも!?


image90.jpg

デドリク・ボヤタ;マンチェスターCから1.5Bで獲得!ちょっと高いような気もするが、これで守備が良くなるなら安いもの。今季の活躍に期待したい



それなりに補強することは出来たと思う。しかし、これで昨シーズンの順位を上回れるかと言われると難しいかもしれない。

相手もレベルアップしてくるだろうし、うちのチームは若手選手も多いので、育てながら上位に進出できるようにしたい


ヴィジャレアル


image91.jpg

56億円の移籍予算で83億円の補強をしてきたヴィジャレアル。

どうやら48ヶ月の分割で獲得しているらしい。

image92.jpg

マテジ・デラク:16歳でクロアチアリーグ最年少デビューを記録。チェルシー控えのゴールキーパーをヴィジャレアルが5.2B獲得


image93.jpg

アレックス・サンドロ:リアルでFCポルトに移籍した。左効きの左サイドバックで面白い存在。28億で獲得


image94.jpg

イブラヒム・アフェライ:昨年のアンドリュー・フォンタスに引き続きバルサから若手を300Mで獲得



正直に言って上の2人は高すぎると思う。これだけの資金を使っての補強なら来季のUCL出場権は確保したいところだ。

アフェライに限っては良い補強だと思う。昨年もバルサのアンドリュー・フォンタスを獲得しているし、ここだけは褒められる内容だ。

自分も来季からバルサの若手に注目してみたい。


image95.jpg

エスパニョールに戻るが、現状ではあまり能力は高くないが、潜在能力が高い選手が多いので何とか能力を伸ばしたいところ。

ほぼ若手といえる布陣なので、将来が凄く楽しみだ


開幕前のチャンピオンズリーグ予選とユーロカップ予選


今季は、ヴィジャレアルがチャンピオンズリーグの予選に登場、ヴィジャレアルがユーロカップの予選に登場する。

ヴィジャレル、エスパニョールともに、この予選を勝ち進めばグループリーグでの突破も意外と簡単に達成するのではないかと思われる。

言わば、ここが正念場だ。エスパニョールは問題ないと思われるがヴィジャレアルはどう転ぶか分からない。

image96.jpg

↑はヨーロッパにおける大陸大会出場枠

少し順位が変動しているので、今回のとは違うが、ヴィジャレアルが出場するBPプレイオフの方は強豪揃いとなりそうだ。

そして決まったのがこのチーム達

インテル

アーセナル

ヴィジャレアル

ホッフェンハイム

アンデルレヒト

フェネルバフチェ

パナシナイコス

ゼニト

ランス

スポルティング

なんとなく強そうな順番に書いてみたが、インテルとアーセナルに当たったら爆死は免れないだろう。

そういえば、現実でもアーセナル対ウディネーゼ戦がここで行われる事が決定したみたいだ。

そんな中、抽選結果は、

ヴィジャレアル対ホッフェンハイム

なんとか爆死は免れたが、それでもホッフェンハイムという強敵に決定。

運が良かったのか悪かったのか

自分としては、負けてユーロカップに回ってくれることを期待しているが

ホッフェンハイムなら十分有り得る




そんな中、両者同時に第1戦目が行われた。

image99.jpg

Litex(ブルガリア)と対戦。余裕の試合展開だったが決定機に恵まれず引き分けに。
0-0の引き分けということでアウェイで0-0以外の引き分けでもグループリーグ進出が決まる状況になった。

勝てはしなかったが、この内容ならアウェイでも問題ないだろう。80%は。


対するヴィジャレアルは、

image101.jpg

ホームで引き分けたまでは許せるが、内容が五角で3-3の引き分けに。

これは・・・今までの経験上、ホームで五角の試合がアウェイで五角以上に戦えるとは思えない。そして、ホームでありながらこの失点の多さ。こ、これは・・・

第2戦

多分、ほぼ突破は出来るであろうエスパニョール

image100.jpg

前半18分にルカクのゴールが決まって先制!試合内容も良かったし、早めの先制点のおかげで余裕をもって試合終了を迎えることができた

ユーロカップグループリーグ進出決定!


対するヴィジャレアルは、

image102.jpg

予想はしていたが、守備崩壊で4失点・・・ここまできて負けるのは非常に最悪だが、この負け方はリーグ戦にも響きそう。

今季のヴィジャレアル・・・弱いかも

ということで、チャンピオンズリーグ予選敗退に伴い祝・ユーロカップグループリーグ出場!

そんなこんなで、開幕戦を迎えることとなった


FM2011オンライン日記 エスパニョール対ヴィジャレアル Part.8
Category: FMオンライン日記  
エスパニョールのポイント
2010/11 2P(順位6位(1P)、SCベスト4(1P))
2011/12 12P(順位5位(3P)SC準優勝(5P)、UELグループ進出&通過(4P))
計 14P

ヴィジャレアル
2010/11 5P(UELグループリーグ進出&通過&ベスト8(5P))
2011/2012 6P(順位4位(5P)、SCベスト4(1P))
計11P


シーズンを終えて


image71_20110731142441.jpg

まず優勝したのはレアル・マドリード。バルセロナの方が上かと思っていたがこの結果は立派

そして、この結果を見る限りレアル・マドリードとバルセロナの2強時代はまだまだ続きそう。

3位に入ったアトレティコも昨シーズン3位と安定感抜群で、特に今季に勝ち点を伸ばしてきたのは大きい。
来季も強いアトレティコが待っているだろう。

ヴィジャレアルも余裕の4位でフィニッシュ。得失点差も大きく4位は妥当な順位だったと思う。
今回の結果を受けて、UCLの予選に出場できることになったので、ここでグループリーグ進出を決めて更に通過までも決めてくると、財政的にも怖くなるしとにかく危険なチームになりそう。

そして5位は我がエスパニョール。得失点差は多くないが運良く5位でフィニッシュすることができた。
昨シーズンよりも順位も上がりチームも強くなっていると思うので、来季は是非4位以内に入りたい。

image72_20110731165036.jpg
image73_20110731165035.jpg

ホームもアウェイも上位4位までが4強で占められてしまった。これではどうにもならない。

エスパニョールはホームであまり良い結果を得られなかった。

全体的にはやはりアウェイでの勝ち点がホームに比べて少ない。

スペインカップの結果

image77.jpg

優勝はレアル・マドリード。これで今季2冠を達成。

エスパニョールは、決勝で、自殺点、レッドカード、PK失敗の3拍子揃ったサプライズで敗退となった。

この決勝進出ということで、レアルがUCLに出場するためUEL出場が確定。リーグ戦の順位が決まる前にUEL出場権をゲットする形となった。

UEFAチャンピオンズリーグ

image78_20110731170012.jpg

優勝はレアル・マドリード!なんとこれで、3冠を簡単に達成してしまった。

気になるバルサはベスト16で敗退したようだ。

UEFAヨーロッパリーグ

image79_20110731170415.jpg

優勝したのは接戦をものにしたオリンピアコス!2回アウェイゴール数で上回り、決勝戦はPKで勝利というある意味強い勝ち方での優勝となった。

エスパニョールを下したガラタサライはベストでユヴェントスに負けて敗退。そのユヴェントスは決勝まで残ってくれたので、それはそれで良かった。

各国リーグでの大波乱は見受けられなかった。※あまり詳しく見ていないが・・・

と今季の結果はこんな感じになりました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。